読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneの機能制限パスコードを忘れてしまった時は…

f:id:HTak:20151210102533j:plain

結論

本当に思い出せないなら無理です。諦めてiPhoneをリセットしましょう。

調べてみた限りだと、まっとうな方法では回避することはできない。(回避できたらセキュリティホールになるので当たり前だけど。)
まっとうじゃない方法(JailBreakなど)では、出来るのかもしれないが、私は調べてもいないしする気もないのでやりません。


機能制限パスコードを忘れたけど、工場出荷状態に戻したい時は…

売却するとか他人に譲渡するとかしたい時。

iTunesで同期したことがある場合

iTunesで復元を実行して工場出荷状態に戻しましょう。

iTunesで同期したことがない場合

画面ロック時のパスコードを10回間違えて、工場出荷状態に戻しましょう。
https://www.icloud.comへ行って、リモートワイプでも良いかも。


思い出せないけど機能制限パスコードをリセットしたい時

iPhoneのデータを削除して、新しいデバイスとして設定すれば、機能制限パスコードもリセットされる。ていうか、新しいデバイスなんで全部まっさらになる。

なお、機能制限パスコードをリセットするために新しいデバイスとして設定する場合、バックアップから復元してはいけない。バックアップ内容に機能制限パスコードも含まれているので、思い出せないパスコードが設定されたままで復元されてしまう。

なお、新しいデバイスとして設定した後、iCloudと同期することは可能なので、電話帳や写真はiCloudに保存してあれば元に戻すことができる。

support.apple.com


機能制限パスコード入力画面の注意点

6回までは普通に間違えることが可能だが、7回以上になると時間制限がつく。時間制限は間違えるたびに加算されていく。

f:id:HTak:20151210101224j:plain

  • 6回間違えると、次の入力まで1分待つ
  • 7回間違えると、次の入力まで5分待つ
  • 8回間違えると、次の入力まで15分待つ
  • 9回間違えると、次の入力まで60分待つ

なので、適当にバカスカパスコードを入力していくと、後で後悔することになる。

ちなみに時間制限がかかった状態でiTunesと同期すると、時間制限が解除されるというようなページも見たけれど、手元で試していないので真偽は不明。